採血や注射・患者さんから訴えがあった場合の対処法

「もっと上手な人に代わってほしい!」と訴えられたとき

「もっと上手な人に代わってほしい!」と訴えられたとき

注射や採血は、患者さんにとって苦痛を伴う治療行為の一つです。

 

患者さん側からしてみると、あまり経験のない看護師ではなく、
技術的に確実な看護師にしてもらいたいと思って当然です。

 

また、看護師も、苦手意識があると、
患者さんの前でつい緊張した様子を見せてしまいがちです。
そのような態度が患者さんの不安を増幅させてしまうという部分もあるでしょう。

 

穿刺の失敗は「二度まで」といわれています。

 

これは心理的な問題もありますが、
良い血管を潰してしまう可能性があるため「2回」なのです。

 

血管が細くもろい患者さんも多くいます。
不安なのであれば、自分から交替を申し出ることも必要です。

 

一度穿刺をして失敗し、患者さんに「もっと上手な人に代わって欲しい」
といわれた場合は、穿刺を失敗した時点で患者さんとの信頼関係が揺らいでいます。

 

ですから、交替して欲しいといわれた時点で、
患者さんの要望に従いましょう。

 

ですが、その後も怖がらず、患者さんのところに訪れて熱意を伝え、
患者さんとの関係性を築く努力をすることが必要です。
「失敗してしまったところは大丈夫ですか?」と、
声を掛けることも必要でしょう。

 

先輩看護師と一緒に行けるようであれば、
穿刺しやすい環境を整えるところまでしてもらい、
穿刺のポイントだけ交替させてもらうなどします。

 

患者さんの信頼度も回復することができるように務めましょう。