採血や注射・患者さんから訴えがあった場合の対処法

皮下出血の予防法

皮下出血の予防法

今後の皮下出血を予防するために、
患者さんには正しい止血の方法を説明します。

 

アルコール綿の上から指の腹で、
皮膚の穿刺部と血管の穿刺部の両方をしっかり押さえることが重要です。

 

言葉だけでなく、実際に適切に抑えているかも確認しましょう。

 

止血時間は一般的には3〜5分ですが、
出血傾向にある患者さんの場合は10分程度は抑えてもらうことが必要です。

 

指の力が弱い患者さんや高齢者、子ども、麻痺のある患者さんに対しては、
家族がいる場合、家族が納得されている場合は協力を求めたり、
看護師が止血を行なうようにします。

皮下出血のリスク

出血のリスクには「肝機能障害」、「血小板減少症」、「血小板機能異常」、
「播種性血管内凝固症候群(DIC)」、
「ワーファリンやヘパリンなど抗凝固薬の投与」などがあります。

 

抗凝固薬は、血中濃度によってリスクが左右されるので、
検査値をみるようにします。

 

検査値としては、血小板数(Pit)、プロトロンビン時間(PT)、
活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)に注目します。